こちらのウェブサイトは、いしまるあきこ(一級建築士・ペットシッター)が行っている、猫向け賃貸住宅の企画・運営と猫シッター「ねこのいえ」、猫との暮らしの設計・アドバイスの「ねこのいえ設計室」について紹介しています。


いしまるあきこ

本名、石丸彰子(いしまるあきこ)。1978年生まれ。2003年、東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。修了後、建築士事務所勤務。2004年、一級建築士合格。2006年、独立。2018年、「一級建築士事務所ねこのいえ設計室」に事務所名を変更。

2013年に江戸川区平井で生後1週程度の2匹の兄妹子猫(しろちゃん・くろちゃん)を保護してから猫との暮らしを始めました。その後も保護した猫が増え、現在では5匹の猫と暮らし、さらに、引き取った老猫1匹のお世話をしています。過去5年間で、保護猫団体の預かりボランティアで子猫や老猫のお世話を行い、同時に自ら保護した子猫のお世話と里親さん探し、お仕事を通じて、100匹近い猫たちのお世話や出会いがありました。

自身が猫と暮らせる住まい探しに苦労したことから、猫向け賃貸住宅「ねこのいえ」シリーズを2016年に企画・運営スタート。入居者さんと暮らす猫のお世話をちゃんとできるようにと、ペットシッター専門店で訓練後、2018年に第一種動物取扱業に登録し猫シッターに。現在、江戸川区を中心に、葛飾区・江東区などの近隣区や遠方では横浜市でのシッター実績があります。

一級建築士として、猫との住まいに関するレクチャー開催や登壇、執筆なども行っています。2019年には猫との住まいに関する書籍を出版予定です。自身の住まい兼仕事場「平井ねこのいえ」などが複数のメディアで取り上げられています。掲載情報等はこちらからご覧ください。

2013年、保護した頃の乳児期のしろちゃん・くろちゃん
2014年のしろちゃん・くろちゃん

小さな頃から動物がとにかく大好きで(ほ乳類に限らず、爬虫類や両生類なども)、幼稚園、小学校では飼育委員をしては、うさぎや亀、にわとりやインコの小屋掃除やごはんをあげるなどの世話をしていました。しばらく社宅住まいだったことや動物が苦手な家族がいたため、子どもの頃に犬や猫と暮らす機会はありませんでした。かわりに飼うことができるものならなんでも、金魚、カブトムシ、かたつむり、ザリガニ、熱帯魚などを飼育していました。おまつりの金魚すくいから我が家にやってきた金魚「きんたん」は7年ほど生きてくれました。近所の家の犬の散歩についていくことも。

中学3年生までは獣医を目指していましたが、飼い主の方の心のケアは私にはできそうにないと考え、動物については単に好きという程度で関わっていこうと思うようになりました。そこからは家族の勧めがあり、建築の道を志すようになりました。仕事をするようになってからは忙しく過ごしていたため、動物を飼うつもりは全くなかったのですが、小さな子猫たちを保護し、命を救おうと必死に育てているうちにすっかり“家族”になってしまいました。猫と暮らすようになり人生が大きく変わり、自身の動物好きと建築の知識やDIY経験を活かして、よりよい猫との暮らしを探求中です。

「平井ねこのいえ」仕事場側の「ねこだな」で、ごはん待ちの5匹(下:みけちゃん、真ん中:しろちゃん、上左から:しまちゃん、くろちゃん、ものくろちゃん)
DIY中の「平井ねこのいえ」にて